インターネットにはびこるさまざまな詐欺に気をつけよう

現在、インターネットの普及によって、国内だけでなく海外の詐欺師たちも、日本人をターゲットにしようとしています。オレオレ詐欺などは、テレビCMなどでも注意を促しているのに、なかなかなくならないのも事実です。

これは、詐欺師のイカサマ手口を知らない人が多いからではないでしょうか。そして、詐欺に合う人は「まさか自分は遭わないだろう」とたかをくくっているところもあります。

そこで今回は、主にネット上の詐欺について見ていきましょう。詐欺師の手口を知れば、詐欺の被害に遭う確率もグッと低くなりますので参考にしてみてください。

ワンクリック詐欺

まずは、サイト上のボタンをクリックすると同時に会員登録され、不当な料金を請求される架空請求の一種です。年齢確認などを求められてクリックしたら、「登録を完了しました」などと表示されて高額な料金を請求された経験がないでしょうか?
IPアドレスなどを表示して、個人が特定できるかのように装ったり、期日以内に支払わないと請求額が高額になるとか、取り立てに行く、訴えるなどの胡散臭い脅し文句を並べたりするケースもあります。インターネット上では、相手を特定することが難しいので、一般的な業者はパスワード認証などによる本人確認を行い、申込の最終段階では、内容に間違いのないことを確認させたうえで受け付けます。支払いが伴う場合には、クレジットカード決済や代引き、前払いなどの方法を選択するのも一般的です。
でも、なかには、ちょっと脅すだけで払う必要のない料金を支払ってしまう人がいます。ワンクリック詐欺は、そうした善良な人たちを騙すものです。慌てて電話やメールで連絡するように仕向けるところもありますが、決して相手に連絡してはいけません。何もしないでいれば、それ以上のことは何も起きないので、怪しいと感じたら無視するのが得策です。

フィッシング詐欺

実在する業者に成りすまして、アカウント情報やクレジットカード情報等を騙し取るのがフィッシング詐欺です。「あなたのアカウントが不正使用されました」などの理由を付けて、確認や更新のためなどと言って、リンク先をクリックさせようとする内容のメッセージが、メールやSMSなどで送られてくることがあります。
このリンク先に飛ぶと、本物に似せたログインページや登録フォームが現れて、入力してしまうと個人情報が詐欺師の手に渡ってしまいます。金銭を騙し取られるわけではありませんが、クレジットカードなどが不正に使われてしまう可能性があるので注意してください。以前はオンラインバンキングやオンラインゲームのアカウントを狙うものが主流でしたが、最近はクレジットカード情報を狙うものが多くて、LINEのアカウントやプロバイダーなどのメールアカウントもよく狙われています。メールなどから誘導され、ログインするよう求められたら疑うようにしましょう。
そして、クレジットカード情報の入力を求められたら、高確率でフィッシング詐欺です。それ以上入力したりせず、不安ならリンクではなく正規のサイトに行くようにしてください。

架空請求詐欺

実在する企業やサービス、債権回収業者、弁護士などを名乗って、メール、SMS、ハガキなどで請求書が送られてくることがあります。利用した覚えのないサービスだったり、購入した覚えのない商品の代金、加入した覚えのないサービスの会費など、よく分からない理由で支払いを求めてきて、いつどのサイトを利用したとか、どこに支払うのかといった詳細は明記されていない場合は架空請求詐欺の可能性が高いです。
払わないと法的手段を取るといった内容で不安を煽って、電話するように求めるものが多いのですが、一度支払いに応じてしまうと、その後もいろいろな理由を付けてくり返し支払うように要求されるので、被害額がどんどん膨らんでいくので注意してください。
これは、誠実な人や怖がりな人などを狙った詐欺で、律儀に電話してきた人を騙し、架空の料金を支払わせるよう仕向けてきます。架空請求詐欺の件数は一時期よりも減少していますが、一件当たりの被害額が数百万など大きくなっているようです。当事者以外で債権の回収を行えるのは、弁護士と法務大臣の許可を受けた債権回収会社だけだと覚えておきましょう。情報サイトや有料動画などと書かれたインチキ請求については、相手にしてはいけません。

ネット通販詐欺

いつでもどこでも手軽に好きな商品を購入できるネット通販ですが、なかには商品を販売しているように見せかけて、振り込ませた代金を騙し取ったり、偽物を送りつけてくる悪徳な業者もあります。
毎年、国民生活センターが相談件数の多い販売方法や手口をまとめているのですが、ネット通販に関する相談は2007年以降ずっと1位です。レアな商品が見つかったり、格安で手に入ったりすると、怪しいところを見落とす人がけっこういます。ネット通販は売り手が見えないので、初めて利用するお店については不審なところがないか、念入りにチェックするようにしましょう。
チェックするポイントとしては「商品が異常に安い」「連絡先のメールアドレスがフリーメール」「問合せがメールのみで電話連絡できない(電話番号が固定電話ではない)」「運営者情報(運営会社、担当者、所在地の住所、電話番号)に不備がある」「開設して間もないショップ」「支払いが銀行振込のみ」「日本語が不自然・おかしい(海外の業者)」などです。
ひとつでも該当するようなら、運営者の情報や振込先口座などを検索してみたりしてください。ネット通販詐欺の業者情報は、けっこう共有されています。また、業者の実在確認のために、所在地をGoogleマップなどで調べてみるのも有効です。ちゃんと実在していて、信頼できそうなショップかどうかを確かめてから購入手続きをするようにしましょう。

占い詐欺

霊能者を騙ったり、このツボを買うと幸せになれるみたいな謳い文句で騙す詐欺。メールのポイント制になっている場合も多いので、こちらはよくサイトのリサーチが必要になる。

「運勢占いサイト」詐欺が急増中、300万円以上の被害も… | 女性自身
https://jisin.jp/domestic/1935961/

占い詐欺に引っかからないようにするには、占い・スピリチュアルメディアのジプシーで学ぶことが大切だろう。

占い詐欺の手口とお金を取り戻す返金方法!弁護士・法律事務所の紹介
https://gypsee.jp/uranaisagi

ギフトカード詐欺

知り合いのフリをして、オンラインサービスのギフトカードやプリペイドカードの購入を依頼されるメッセージが届くことがあります。何かの支払いに、ギフトカードを購入して裏の番号を教えるよう指示されるのはほぼ100%詐欺です。特にLINEで多い詐欺ですが、知り合いのアカウントを乗っ取った成りすましかも知れないので注意してください。
各種オンラインサービスのギフトカードは、カードに記載されている番号を使ってウォレット(お財布)への入金や代金の支払いを行います。番号を教えるのは送金するのと同じで、額面の金額がそっくり相手に渡ってしまうんです。LINEのアカウントを狙うフィッシング詐欺や、SNSアカウントの乗っ取りで、知人に成りすましてギフトカードの購入を依頼する行為が頻繁に行われている他、架空請求やワンクリック詐欺などでも、支払いにギフトカードを使うケースが増えています。決して相手の指示に従ってはいけません。知り合いなら、直接電話をかけるなどして確認するようにしましょう。

以上、主にネット上の詐欺について見てきました。
インターネットで生活は便利になりましたが、同時にイカサマに悪用しようとする詐欺師が現れるものです。とにかく怪しいと思ったり、身に覚えがない請求などは相手にしないようにしましょう。どんな脅し文句が書いてあっても、利用していない料金や購入していないものの代金を支払う必要はまったくありません。
詐欺師は優しくて良い人につけ込んでくると思ってください。